Tersusシリーズなら大阪市西区のJPコーポレーションへお任せ下さい。

JPコーポレーション

〒550-0012 大阪市西区立売堀2丁目5-41 合田ビル508

  • 0665998686
  • お問い合わせ

Tersusシリーズ/信越化学工業(株)


1. 概要

「Tersus」シリーズは、高い透明度を有する水系光触媒コーティング液です。
光触媒が持つ「酸化分解力」と「親水性」という2つの機能を利用することで、外装においては、セルフクリーニング効果によって雨水等で汚れが洗い流され、また内装においては、抗菌・防臭・抗ウイルスといった効果があるのが特長です。

Tersusシリーズには、外装用・ガラス用・内装用の3種類が用意されています。光触媒作用によって基材自身が浸食されるのを防ぐため、基材によってはアンダーコート「Scutum S」と併用する必要があります。

2. 特長

1.高い透明性

従来製品よりも透明度が高く、外観への影響が小さい。

2.乾燥直後から光触媒効果を発揮

塗装直後から光触媒効果が現れる。長期のエージング(屋外環境での1カ月以上の曝露)を必要とせず、即効性に優れている。 

3. 製品ラインナップ

光触媒トップコート

Tersus EN
  • 完全水系で安全に施工できる外装用トップコート
  • 塗布直後から高い分解力を発揮し、汚れを防ぐ
  • 被膜の透明性と耐久性に優れる
Tersus EG
  • 透明性が極めて高い、ガラス用トップコート
  • 親水性バインダーの作用で親水性が長期継続
  • ガラス・タイル・金属に1コートで施工可能
Tersus IN
  • 完全水系の可視光応答型内装用トップコート
  • 蛍光灯、白色LED、紫外線すべてに応答し高活性
  • 低照度環境での抗菌性に優れる

アンダーコート

Scutum S
  • 光触媒作用から基材を保護するアンダーコート
  • 透明な無機被膜が光触媒層と強固に密着
  • 親水性コートとしての単独使用も可能
Scutum PM
  • 吸水性基材への汚水浸透を防ぐ透水防止材
  • 自身に防カビ性があり、基材内部の汚染も防止
  • 光触媒と組合せ、コンクリート防汚が可能に

4. 製品の各データ

Tersus EN

セルフクリーニング試験のデータ
  • ■セルフクリーニング性試験
    紫外線を照射することで光触媒作用によりオレイン酸が酸化分解されて表面が親水化する過程を水接触角で評価する方法。

紫外線下において速やかに油分が分解され超親水性表面が露出し、セルフクリーニング性が持続する。

耐候性

キセノンウェザオメーターによる耐候性試験

基材:スライドガラス

濃色パネルへの施工例
  • 黒色(濃色)系基材の上でも塗布部分が目立ちにくい。
    ※十字吹き1回

  • (左と同じ物)斜めから見てもやはり目立ちにくい

Tersus EG

ガラスへの施工例
光学特性

基材:透明なソーダガラス
光触媒塗布量 : 約15g/㎡

指で横にスクロールできます。

ブランク 信越製品塗布 備考
透過率(%) 91.12 94.33 光の透過率が向上
Haze(%) 1.11 0.39 濁りが低減
反射率 20°(%) 100 62.9 反射率が低減
反射率 45°(%) 100 70.5
反射率 60°(%) 100 81.3
水接触角(°) 15 9 防汚効果を付与

※反射率はブランクとの相対比較

耐候性

キセノンウェザオメーターによる耐候性試験

基材:スライドガラス

Tersus IN

ガス分解試験



通常の屋内環境に於いて、効率良く臭気分子を分解できる。

抗菌性・抗ウイルス性

■抗菌力試験結果 [JIS R 1752] 光触媒抗菌試験

指で横にスクロールできます。

菌の名称 抗菌活性値R 光照射の効果 存在場所 耐性 症状
大腸菌 4.3〈 0.2 ヒト腸内、トイレ (血液や尿路系でのみ)敗血症
黄色ブドウ球菌 5.0〈 3.7 ヒト皮膚、消化管 耐塩性 食中毒、膿皮症、中耳炎など

※光源:蛍光灯3,000Lux (380nmカット)

■抗ウイルス性試験 [JIS R 1756] バクテリオファージQβを用いた光触媒抗ウイルス性試験

指で横にスクロールできます。

ウイルスの名称 抗ウイルス活性値R 光照射の効果 説明
バクテリオファージQB 2.0 1.1 大腸菌に感染する溶菌性ファージの一種

※光源:蛍光灯3,000Lux(380nmカット)


抗菌性(暗所特性)

■抗菌試験結果

指で横にスクロールできます。

菌の名称 抗菌活性値R 菌の分類 存在場所 耐性 症状
大腸菌 6.11 グラム陰性桿菌 ヒト腸内、トイレ (血管や尿路系でのみ)敗血症
黄色ブドウ球菌 4.34 グラム腸性球菌 ヒト皮膚、消化管 耐塩性 食中毒、膿皮症、中耳炎など
緑膿菌 4.41 グラム陰性桿菌 水中 紫外線・消毒薬
抗菌材抵抗性
難治性感染症の原因
肺炎桿菌 5.47 グラム陰性桿菌 ヒト口腔、腸内 弱毒菌、呼吸器感染症、尿路感染症
メチシリン耐性
黄色ブドウ球菌
4.66 グラム腸性球菌 病院 抗生物質耐性
(メチシリン他)
骨髄炎、関節炎、感染性心内膜炎

各製品の安全性

指で横にスクロールできます。

試験項目 Tersus EN Tersus EG Tersus IN Scutum S
急性経口毒性
(LD50)
5,000mg/kg 5,000mg/kg 5,000mg/kg 5,000mg/kg
皮膚刺激性 陰性 陰性 陰性 陰性
目刺激性 陰性 陰性 陰性 陰性
変異原性 陰性 陰性 陰性 陰性

試験機関:一般社団法人日本食品分析センター

他社製品比較

ガラスにおける防汚効果比較

サイディングボードにおける防汚効果比較

5. 施工手順例

屋外(ガラス面)

  • Step1サッシ等養生
  • Step2ガラス表面の親水化処理(研磨)
  • Step3光触媒材の塗布
  • Step4乾燥

屋外(タイル面等)

  • Step1下地処理
  • Step2光触媒材塗布
  • Step3乾燥

屋外(塗装面・コンクリート打放し面等)

塗装面等
  • Step1下地材塗布
  • Step2乾燥
  • Step3光触媒材塗布
  • Step4乾燥

屋内

  • Step1下地処理
  • Step2光触媒材塗布
  • Step3乾燥

ページトップへ戻る