UV(紫外線)硬化型コート材の事なら大阪市西区のJPコーポレーションへお任せ下さい。

JPコーポレーション

〒550-0012 大阪市西区立売堀2丁目5-41 合田ビル508

  • 0665998686
  • お問い合わせ

UV(紫外線)硬化型コート材/リケンテクノス(株)

1. 概要

フロアー用のコート材となります。UV(紫外線)の光エネルギーによって、樹脂が僅か数秒で硬化するため、塗料のような乾燥養生の為の時間が不要となり、効率良く作業が可能となります。また、水銀ランプや紫外線ランプ、紫外線LED等で得られる紫外線は二酸化炭素の排出が少ないので環境に優しい工法となります。
また、原材料のリケンリキットコンパウンドは、無溶剤なので作業者にやさしく、また硬化後はニオイを発生させません。

2. 特長

1.耐傷性、防汚性、掃除性、耐薬品性に優れ、美観維持を簡素化

美観を維持し易いため、日々の清掃が楽になり、5S意識の向上に繋がります。
ワックスが不要となる、また塗装の塗替え等の頻度も低減され、管理コスト削減に寄与します。

2.UV照射によってコート材(樹脂)が硬化するため短工期での作業が可能

硬化養生時間が不要で、硬化後すぐの歩行が可能となるため、工場ライン等の停止時間を最低限に抑えられる、また時間に制約がある現場においても使用しやすい工法となります。

3.基材の柄や色等の意匠性に対して影響が少ない

石材等で、もともと艶のある鏡面タイプの基材に対しては、艶のあるクリアータイプを使用すれば、経年により傷んだ表面の艶を取り戻し、鏡面に仕上げることが可能となります。
また、水、粉、油等による転倒防止を目的とした防滑タイプを使用しても、基材の柄や色等の意匠性にさほど影響を与えることなく仕上げることが可能です。
防滑タイプは、国土交通省の床面すべり性の評価指数であるCSR値について、各条件下(乾燥、湿潤、ダスト、油)においてすべてクリアーしています。

3. 製品ラインナップ

各種製品

  • RFH-301(S)

    image

    「代表グレード」

    艶タイプ

  • RFH-301(S)A

    image

    鮫肌防滑タイプ

  • RFH-402(S)A

    image

    鮫肌防滑

    超高耐摩耗タイプ

施工例

RFH-301(S)
image
※左半面に施工(石材タイル)
image
※左半面に施工(塩ビシート)

RFH-301(S)A
image
※左半面に施工(石材タイル)

指で横にスクロールできます。

CSR値測定結果
基材:テラゾータイル
乾燥 湿潤 ダスト
コート無し 0.75 0.63 0.48 0.11
RFH-301(S)A 0.86 0.85 0.64 0.48

※測定条件:室温22.5℃、湿度54%、滑り片80Aゴム

施工比較例

テラゾータイルにおける樹脂ワックスとの比較(例)

image
※上段(左:防滑タイプ、右:クリアータイプ)
 下段(左:未施工、右:樹脂ワックス)

4. 製品の各データ

製品比較データ

指で横にスクロールできます。

項目 一般エポキシ塗床 RFH-301 RFH-301A RFH-402A 備考
特長 安価 代表グレード 鮫肌防滑 鮫肌防滑
超高耐摩耗
粘度(mPa・s) 90 (90)骨材入り (300)骨材入り 25℃
塗装方法 無溶材で
マイクロファイバー塗装
無溶材で
ローラー塗装
無溶材で
ローラー塗装
鉛筆硬度 H 3H 3H 4H JIS K 5600-5-4
耐傷性 xx
激しく白化

軽微な傷

軽微な傷

ほぼ傷無し
スチールウール
#0000、750g、30往復
付着性 100/100 100/100 100/100 JIS K 5600-5-6
1mm方眼
セロテープ剥離
耐衝撃性
凹み跡のみ
異常無し

凹み跡のみ
異常無し

凹み跡のみ
異常無し

凹み跡のみ
異常無し
JIS K 5600-5-3
耐重り落下性
重り500g
高さ30cm
耐溶材性 エタノール△
トルエン×
アセトン××

異常無し

異常無し

異常無し
ラビング試験500g、10往復
JIS K 5600-8
塗膜劣化
耐酸性
軽微な白化

異常無し

異常無し

異常無し
JIS K 5600-6-1点滴法、24H
5%硫酸溶液
耐アルカリ性
軽微な跡

軽微な跡

軽微な跡

軽微な跡
JIS K 5600-6-1吸収媒体法
Ca(OH)2飽和溶液、24H
耐汚染性①
油性マジック
×
除去不可能
(溶材にも侵される)

溶材拭取で
除去可能

溶材拭取で
除去可能

溶材拭取で
除去可能
油性マジック
常温24H保持後拭取り、目視確認
耐汚染性②
ヒールマーク
×
除去不可能

乾布で
除去可能

乾布で
除去可能

乾布で
除去可能
靴底ゴム擦付後拭取り、目視確認
滑り性 標準 滑りにくい 水漏れ時も
滑らない
水漏れ時も
滑らない
一般作業靴
踏みつけ

※これらのデータは実測値であり、保証値ではございません。各種効果はご使用環境等により変化します。

費用対効果

image

※塗り替えの費用以外に定期メンテナンスや清掃手間のトータルコスト削減も期待できます。

5. 施工手順例

  • Step1下地処理(ワックスの剥離含む)
  • Step2UVコート材塗布(基材によってプライマー塗布)
  • Step3UV照射

ページトップへ戻る